書影:角川まんが学習シリーズ 日本の歴史 4 武士の目覚め 平安時代後期

歴史学習の最先端は「東大流」!まったく新しい学習まんがの進化形、第4巻

角川まんが学習シリーズ 日本の歴史 4 武士の目覚め 平安時代後期

監修:山本 博文

平安時代後期は、摂政・関白に代わって上皇(院)が権力をもつ院政の時代に入ります。上皇は、自由な立場で政治を行い、知行国や荘園を集めます。諸国では武士団が興り、天皇の末裔の源氏と平氏が 武士の棟梁として、力をつけてきます。源氏や平氏は、中央に進出するようになり、やがて、保元・平治の乱を経て、平氏が権力をにぎります。本巻では、院政の時代から平氏全盛の時代までを見ていきます。

【カバーイラスト/藤田香 まんが/梅屋敷ミタ】

定価 880円(本体800円+税)

発売日:2015630

判型:四六判

商品形態:単行本

ページ数:224ページ

ISBN:9784041015117

購入はこちら

カドカワストアへ
amazonへ
Rakutenブックスへ
eHonへ
紀伊國屋書店へ
hontoへ
Honya Clubへ
BOOK WALKERへ
カドカワストアへ
amazonへ
Rakutenブックスへ
もっと見る閉じる
eHonへ
紀伊國屋書店へ
hontoへ
Honya Clubへ
BOOK WALKERへ

もくじ

第1章 源氏武士団の発展
第2章 院政と平氏
第3章 栄える奥州・乱れる都
第4章 平氏の栄華

動画

角川まんが学習シリーズ 日本の歴史 PV

購入はこちら

880円(税込)

このページをシェア

ページの先頭へ