書影:角川まんが学習シリーズ 日本の歴史 13 近代国家への道 明治時代後期

歴史学習の最先端は「東大流」!まったく新しい学習まんがの進化形第13巻

角川まんが学習シリーズ 日本の歴史 13 近代国家への道 明治時代後期

監修:山本 博文

自由民権運動の高まりのなか、政府は大日本帝国憲法を発布し帝国議会を開設します。日本は、アジアで初めての立憲制国家になったのです。日本は、朝鮮への進出をはかり、それを阻止しようとした清と日清戦争を戦って勝利しました。朝鮮へ進出した日本は、ロシアと対立することになり、イギリスの支持のもと日露戦争を戦い、激戦の末に勝利しました。こうして日本は、列強と肩を並べる国になりました。

【カバーイラスト/氷堂涼二 まんが/水面かえる】

定価 864円(本体800円+税)

発売日:2015630

判型:四六判

商品形態:単行本

ページ数:224ページ

ISBN:9784041015063

この本の購入ページ

  • カドカワストアへ

この本の電子書籍

  • BOOK WALKERへ

もくじ

第1章 自由民権運動と近代国家
第2章 日清戦争と産業の発展
第3章 日露戦争と国際関係の変化
第4章 近代化する日本文化と社会

動画

角川まんが学習シリーズ 日本の歴史 PV

購入はこちら

各864円(税込)

このページをシェア

ページの先頭へ