書影:角川まんが学習シリーズ 日本の歴史 11 黒船と開国 江戸時代後期

歴史学習の最先端は「東大流」!まったく新しい学習まんがの進化形第11巻

角川まんが学習シリーズ 日本の歴史 11 黒船と開国 江戸時代後期

監修:山本 博文

第11代将軍家斉のころ、江戸の町人文化が花開き、地方にまで広がっていきました。しかし、1853年、アメリカ使節ペリーが黒船を率いて浦賀に来航し、開国を求めると、日本は混乱の時代に入っていきます。外国人を排除しようという攘夷の声は、天皇を尊ぶ尊王思想と結びつき、尊王攘夷運動が盛んになります。大老 井伊直弼は、反対派を弾圧しますが、桜田門外の変で倒れ、幕府の力は急速におとろえていきます。

【カバーイラスト/杉基イクラ まんが/石川 樹】

定価 880円(本体800円+税)

発売日:2015630

判型:四六判

商品形態:単行本

ページ数:224ページ

ISBN:9784041015049

購入はこちら

カドカワストアへ
amazonへ
Rakutenブックスへ
eHonへ
紀伊國屋書店へ
hontoへ
Honya Clubへ
BOOK WALKERへ
カドカワストアへ
amazonへ
Rakutenブックスへ
もっと見る閉じる
eHonへ
紀伊國屋書店へ
hontoへ
Honya Clubへ
BOOK WALKERへ

もくじ

第1章 外国船の出現と天保の改革
第2章 黒船がやって来た!
第3章 尊王攘夷
第4章 江戸幕府の終わり

動画

角川まんが学習シリーズ 日本の歴史 PV

購入はこちら

880円(税込)

このページをシェア

ページの先頭へ