書影:恐竜キングダム(7) 巨大恐竜カルカロドントサウルス NEW

さまざまな恐竜が歩きまわる白亜紀で大パニック!?

恐竜キングダム(7) 巨大恐竜カルカロドントサウルス

監修:小林 快次

監修:田中 康平

ストーリー:スライウム

ストーリー:アルビー

まんが:エアーチーム

5億4100万年前~人類が登場するまでの生物の歴史を描く学習まんがシリーズ!
1)生命の進化が身近になる独創的なストーリー
『恐竜キングダム』シリーズは、主人公たちがタイムマシンでワープし、5億年前から現代へと時間旅行。さまざまな生き物に対峙し、活躍する姿が描かれています。
2)まんがはオールカラー、コンパクトな四六判ソフトカバー
壮大な時間旅行をオールカラーまんがで楽しめます。持ちやすく軽い四六判ソフトカバーとしました。
3)美麗なイラストによる「恐竜図鑑」
学習のための記事パートを収録。迫力ある生き物たちをリアルに描いています。日々発見、更新される新しい恐竜の知識を盛り込み、イラストで紹介。恐竜の世界や進化の流れをたのしみながら、知識を吸収することができます。
4)日々発見、更新される恐竜の最新情報を収録!
世界的な恐竜研究の第一人者である小林快次先生(北海道大学総合博物館)が本書を監修しています。新しい発見を続ける研究者だからこそ、最新の恐竜知識を子どもたちに届けられます。

(7巻あらすじ)
ついに白亜紀にやって来たXベンチャー調査隊。ダビンチ博士は雷の力を電力に変換する装置「カミナリポッド」を発明。しかし、その部品が風で飛ばされ、レインたちは部品を探すために恐竜が歩き回る白亜紀の世界を探検することに。ヒラエオサウルス、イグアノドン、孔子鳥など、さまざまな生き物と遭遇する調査隊。崖に落ちた部品を回収しようとするが、なんと、そこに鋭い牙の恐竜スコミムスが現れた。レイン、ショーン、ストーンの3人の機転で何とかスコミムスを撃退するが、今度は巨大恐竜カルカロドントサウルスに追いかけられる。負傷したレインを守るため、スターズが取った行動とは……!?

定価 1,037円(本体960円+税)

発売日:20181115

判型:四六判

商品形態:単行本

ページ数:160ページ

ISBN:9784041065709

この本の購入ページ

  • カドカワストアへ
  • amazonへ

この本の電子書籍

  • BOOK WALKERへ

登場する動物

イグアノドン

初めて記録に残された中型の植物食恐竜。ふだんは4本足で歩くが、必要とあれば2足歩行もした。前足に大きな親指トゲがある。

スコミムス

スピノサウルス科に属する大型恐竜で、ワニに似たあごを持つ。細長い歯は100本もあり、魚と取って食べていたとされる。

ベイピァオサウルス

これまでに見つかった羽毛のある恐竜の中では比較的大きく、テリジノサウルスの仲間に分類される。鳥に似た特徴を持っている。

孔子鳥

くちばしを持つ鳥としては最も古い種のひとつ。ほぼ完全な骨と羽の痕跡が残っており、はばたいて飛ぶことができたと考えられる。

アマルガサウルス

竜脚類に属し、体の大きさは10メートルもあった。首から尾にかけて短く細いトゲが並び、小さな帆があるのが特徴。

カルカロドントサウルス

最大級の肉食の獣脚類。その名前はホオジロサメ(学名カルカロドン)にちなみ、「サメの歯を持つトカゲ」という意味だ。

壮大な時間旅行をオールカラーまんがで楽しめます。 日本初の恐竜博士・小林快次先生が監修!!


購入はこちら

本体960円+税

このページをシェア

ページの先頭へ