書影:恐竜キングダム(5) ジュラ紀で迷子に!?

ジュラ紀をローラースケートで大冒険!

恐竜キングダム(5) ジュラ紀で迷子に!?

監修:小林 快次

ストーリー:レッドコード

ストーリー:アルビー

まんが:エアーチーム

5億4100万年前~人類が登場するまでの生物の歴史を描く学習まんがシリーズ!

1)生命の進化が身近になる独創的なストーリー
『恐竜キングダム』シリーズは、主人公たちがタイムマシンでワープし、5億年前から現代へと時間旅行。でさまざまな生き物に対峙し、活躍する姿が描かれています。

2)まんがはオールカラー、コンパクトな四六判ソフトカバー
壮大な時間旅行をオールカラーまんがで楽しめます。持ちやすく軽い四六判ソフトカバーとしました。

3)美麗なイラストによる「恐竜図鑑」
学習のための記事パートを収録。迫力ある生き物たちをリアルに描いています。日々発見、更新される新しい恐竜の知識を盛り込み、イラストで紹介。恐竜の世界や進化の流れをたのしみながら、知識を吸収することができます。

4)日々発見、更新される恐竜の最新情報を収録!
世界的な恐竜研究の第一人者である小林快次先生(北海道大学総合博物館)が本書を監修しています。新しい発見を続ける研究者だからこそ、最新の恐竜知識を子どもたちに届けられます。

(5巻あらすじ)
熱で寝込んだショーンに代わり、ダビンチ博士の助手ダイアナが調査隊に仲間入りしたよ。ヴルカノドン、ディモルフォドン、ディロフォサウルス…新発明のローラースケートをはいて、たくさんの生きものを大調査。おじいちゃんとの思い出の恐竜バラパサウルスを見つけられるかな!?

監修:小林快次(こばやし よしつぐ)
福井県出身。中学一年生で化石に出会い、収集をはじめる。大学時代アメリカに留学。日本人で初めての恐竜の博士号を取得。1年のうち4か月ほどは海外で発掘調査を行う、恐竜研究の第一人者。現在、北海道大学 総合博物館 准教授。

定価 1,037円(本体960円+税)

発売日:2018711

判型:四六判

商品形態:単行本

ページ数:160ページ

ISBN:9784041065686

この本の購入ページ

  • カドカワストアへ
  • amazonへ

この本の電子書籍

  • BOOK WALKERへ

登場する動物

ディモルフォドン

中型の翼竜。骨は空洞で飛行に適した特徴を持つ。つばさにはかぎづめの付いた指が3本あり、これを使ってがけを登ることができた。

マクロプラタ

首長竜の一種で、大きな肩甲骨を持つことから、その名が付いた(「大きな板」という意味)。スピードと敏捷性にもすぐれていた。

イクチオサウルス

これまでに最もくわしく研究されている水生は虫類の一つ。化石が頻繁に発見されるためで、どれもほぼ完全な形で保存されている。

ディロフォサウルス

初期の獣脚類で、頭の上の2枚のとさかにちなんで、その名が付いた(「ディロフォサウルス」はギリシャ語で「二つの隆起を持つトカゲ」を意味する)。

バラパサウルス

多数の骨格が見つかっているが、頭や足の完全な骨は発見されておらず、全体像は不明。しかしながら、四足歩行を示す骨格が見つかっている。

メガロサウルス

学術文献に最初に記された恐竜である。肉食の獣脚類で、よく動く首が、足の速い獲物をつかまえるのに役立ったと考えられている。

動画

角川まんが科学シリーズ『恐竜キングダム』PV

購入はこちら

本体960円+税

このページをシェア

ページの先頭へ