書影:恐竜キングダム(4) ギャッ!恐竜が出た

ムスサウルス、エオラプトル、コエロフィシスなど、いよいよ恐竜が登場!

恐竜キングダム(4) ギャッ!恐竜が出た

監修:小林 快次

ストーリー:レッドコード

ストーリー:アルビー

まんが:エアーチーム

5億4100万年前~人類が登場するまでの生物の歴史を描く学習まんがシリーズ!

1)生命の進化が身近になる独創的なストーリー
『恐竜キングダム』シリーズは、主人公たちがタイムマシンでワープし、5億年前から現代へと時間旅行。でさまざまな生き物に対峙し、活躍する姿が描かれています。

2)まんがはオールカラー、コンパクトな四六判ソフトカバー
壮大な時間旅行をオールカラーまんがで楽しめます。持ちやすく軽い四六判ソフトカバーとしました。

3)美麗なイラストによる「恐竜図鑑」
学習のための記事パートを収録。迫力ある生き物たちをリアルに描いています。日々発見、更新される新しい恐竜の知識を盛り込み、イラストで紹介。恐竜の世界や進化の流れをたのしみながら、知識を吸収することができます。

4)日々発見、更新される恐竜の最新情報を収録!
世界的な恐竜研究の第一人者である小林快次先生(北海道大学総合博物館)が本書を監修しています。新しい発見を続ける研究者だからこそ、最新の恐竜知識を子どもたちに届けられます。

(4巻あらすじ)
調査隊はまたまたタイムワープ!タイムマシンが到着したのは、ムスサウルス、エオラプトル、コエロフィシスなど、いよいよ恐竜が誕生する三畳紀だったよ。エミリーと博士が作ったソーラーカーでさっそく調査開始だ!ところがレインとエミリーが大ケンカ!? 肉食恐竜に食べられちゃう!?

小林快次(こばやし よしつぐ)
福井県出身。中学一年生で化石に出会い、収集をはじめる。大学時代アメリカに留学。日本人で初めての恐竜の博士号を取得。1年のうち4か月ほどは海外で発掘調査を行う、恐竜研究の第一人者。現在、北海道大学 総合博物館 准教授。

定価 1,037円(本体960円+税)

発売日:2018711

判型:四六判

商品形態:単行本

ページ数:160ページ

ISBN:9784041065679

この本の購入ページ

  • カドカワストアへ
  • amazonへ

この本の電子書籍

  • BOOK WALKERへ

登場する動物

ロンギスクアマ

その背中には細くてうすいうろこのような構造がならんでいるのだが、それが何なのか、保存状態が悪いためによく分っていない。

コエロフィシス

初期の恐竜の一種として知られている。名前は「からっぽの体」を意味し、鳥のように骨の内部が空洞になっている。

プレストスクス

そのすがたは恐竜と似ているものの、実際には恐竜ではない主竜類に属している。強靱な足を使って全速力で走れる。

ショニサウルス

現在までに見つかった魚竜の中で最大級の種。くちばしのような鼻先をのぞけば、体のラインはクジラとよく似ている。

プラテオサウルス

今日までに知られている中で最も有名な原始的な竜脚形類の一種であり、三畳紀における陸生恐竜の中で最も大きな種の一つである。

ヘレラサウルス

最も初期の獣脚類の一種で、同時代の竜盤類よりも比較的大きい。しっぽでバランスを取りながら、高速で獲物を追いかける。

動画

角川まんが科学シリーズ『恐竜キングダム』PV

購入はこちら

本体960円+税

このページをシェア

ページの先頭へ