「角川まんが学習シリーズ」とは?

「まんがで楽しく学ぶ」をコンセプトに小学生に向けて立ち上げた学習まんがのシリーズで、現在「角川まんが学習シリーズ」「角川まんが科学シリーズ」「角川まんが超科学シリーズ」があります。

もっと見る

◆圧倒的なおもしろさ!
本シリーズの人気のヒミツは、「今の子どもたちが求めるビジュアル」と「圧倒的におもしろいストーリー」です。「子どもって教科書の内容は覚えられないのに、なんでまんがのセリフは全部覚えられるの?」と思ったことはありませんか。それは、何度も繰り返し読むからです。「内容を覚えているのにどうして何回も読むの?」それは、内容がおもしろいからです。子どもが自発的に何回も読みたくなる学習まんが──それが角川まんが学習シリーズなのです。

◆支持率ナンバーワンの仕様!
また、従来商品の定番仕様であった「菊判ハードカバー」を、軽くて持ち運びやすいコンパクトな「四六判ソフトカバー」にしたことも、本シリーズの大きな特徴です。事前に行った親子モニター調査でも、本シリーズの仕様は支持率ナンバーワンを獲得しました。「外に持っていきやすい」という子どもの意見と「収納しやすい」という親のニーズ。両者の思いがピッタリ合致して、この新しい仕様は生まれました。さらに、そこに最新の学習内容をきっちり盛り込んでおり、子どもたちが初めて歴史に触れるのにふさわしい内容となっています。

2015年6月刊行の『日本の歴史』(全15巻)を始めとして誕生した、本シリーズ。2017年6月には、『まんが人物伝』という新たな伝記まんが、2017年7月には『空想科学学園』、そして2018年4月には『恐竜キングダム』が加わりました。今後もさまざまなテーマでシリーズを展開してまいります。

お知らせ

「歴史の流れをつかむ」という考え方にもとづいた「東大流」にて構成された、まったく新しい学習まんがの進化形です

シリーズを見る

さらに進化した「東大流」! 歴史の「横のつながり」がよく分かる、初めての最新歴史まんが!!

シリーズを見る

偉人や武将たちが、どんな子ども時代を過ごし、どうやってすごい人になったのかを丁寧に描いた、最新の伝記まんがシリーズです。

シリーズを見る

名著の数々を、現代を舞台に身近な主人公が活躍するストーリーや、原書の雰囲気をそのままに追体験しながら理解を深められるストーリーなど、子どもの視点で分かりやすくまんがで描いたシリーズです。

シリーズを見る

それぞれの生態を詳しく解説しつつ、動物たちのバトルで想像力を刺激し、自然科学の脅威を感じられるシリーズです。

シリーズを見る
  • 書影:どっちが強い!?X(12) 恐竜キッドをたおせ!

    どっちが強い!?X(12) 恐竜キッドをたおせ!

    恐竜キッドとXベンチャーの戦いが続く中、恐竜キッドの弱点を負傷させることに成功。レインはタイムトンネルを塞ぐために、ブラックホール爆弾を時空の穴に投げ込むが、果たして人類の運命は!?

「テケテケ」や「夜中に動く人体模型」など、子どもたちの周りにある都市伝説や学校の怪談などを科学的に分析! 楽しく読めて科学に興味がわくシリーズです。

シリーズを見る
  • 書影:ナゾトキ・ハンター 人食いザメが守る島

    ナゾトキ・ハンター 人食いザメが守る島

    まだアレックスが幼かった頃、トップ冒険家だった祖父ジョーンズと共に海賊が跋扈する海域へ向かった。そこにはソロモン王の秘宝と、海流を操る力を備えた装置があるというのだが―。謎解きアドベンチャー第5弾!

    ためしよみ

このページをシェア

ページの先頭へ