「角川まんが学習シリーズ」とは?

「まんがで楽しく学ぶ」をコンセプトに小学生に向けて立ち上げた学習まんがのシリーズで、現在「角川まんが学習シリーズ」と「角川まんが科学シリーズ」の2シリーズがあります。

もっと見る

◆圧倒的なおもしろさ!
本シリーズの人気のヒミツは、「今の子どもたちが求めるビジュアル」と「圧倒的におもしろいストーリー」です。「子どもって教科書の内容は覚えられないのに、なんでまんがのセリフは全部覚えられるの?」と思ったことはありませんか。それは、何度も繰り返し読むからです。「内容を覚えているのにどうして何回も読むの?」それは、内容がおもしろいからです。子どもが自発的に何回も読みたくなる学習まんが──それが角川まんが学習シリーズなのです。

◆支持率ナンバーワンの仕様!
また、従来商品の定番仕様であった「菊判ハードカバー」を、軽くて持ち運びやすいコンパクトな「四六判ソフトカバー」にしたことも、本シリーズの大きな特徴です。事前に行った親子モニター調査でも、本シリーズの仕様は支持率ナンバーワンを獲得しました。「外に持っていきやすい」という子どもの意見と「収納しやすい」という親のニーズ。両者の思いがピッタリ合致して、この新しい仕様は生まれました。さらに、そこに最新の学習内容をきっちり盛り込んでおり、子どもたちが初めて歴史に触れるのにふさわしい内容となっています。

2015年6月刊行の『日本の歴史』(全15巻)を始めとして誕生した、本シリーズ。2017年6月には、『まんが人物伝』という新たな伝記まんが、2017年7月には『空想科学学園』、そして2018年4月には『恐竜キングダム』が加わりました。今後もさまざまなテーマでシリーズを展開してまいります。

お知らせ

「歴史の流れをつかむ」という考え方にもとづいた「東大流」にて構成された、まったく新しい学習まんがの進化形です

シリーズを見る

偉人や武将たちが、どんな子ども時代を過ごし、どうやってすごい人になったのかを丁寧に描いた、最新の伝記まんがシリーズです。

シリーズを見る

主に小学校で習う理科の内容をわかりやすいオールカラーのまんがで紹介。まんがを読んで楽しむうちに、いつの間にか科学への興味が深まります。

シリーズを見る

このページをシェア

ページの先頭へ